ITパスポート過去問-令和元年秋(問56~62)

 YouTube 動画

令和元年秋・ITパスポート過去問/テクノロジ系 問56~62

問56:リスクマネジメント > リスクアセスメント

リスクマネジメントに関する問題です。

リスクマネジメントの知識では、

・リスクアセスメントを実行して
・リスク対応策を取る

が正しいとされています。

それぞれの項目は暗記できるよう、頑張りましょう!
リスクマネジメント

 

問57:アプリケーションを実行状態のまま移動させる技術

 

ストリーミングとは、主に音声や動画などのデータを、ダウンロードをしながら再生をすること

デジタルサイネージは、大型モニターやプロジェクターを使った、広告媒体のこと
ITすきま教室のデジタルサイネージの事例

これらは、選択肢には該当しませんね😎

プラグアンドプレイとは、周辺機器の接続と同時に、自動的にPCが認識し、設定を行う機能のことです。

そのため、答えは選択肢 え ライブマイグレーション となります。

“Migration”には「移住」、”live”は「生で」、という意味から、
アプリケーションを実行状態のまま移動させる技術のことです。

 

問58:デバイスドライバとは

デバイスドライバ

デバイスドライバとは、コンピュータにくっついたデバイスを動かすために必要となるソフトです。

外部のデバイスは、物理的にくっつけただけでは操作が動かないため、
デバイスドライバをインストールすることでを読み取れるようになります。

わざわざデバイスドライバとやらを入れなくても、 HHDやSSDは普通に使えるよ? と思う人った方は
よく使いそうなデバイスドライバが既にコンピュータに入っている、ということを知っておきましょう。

スクリーンショット 2021-11-26 23.01.05

 

問59:データ記録を改ざんさせない技術

説明が難しく書かれていますが、問題文の、

「データを相互に関連付け,取引記録を矛盾なく改ざんすることを困難にすること」から

ブロックチェーンの説明であることが分かるようにしましょう!

選択肢1 LPWAとは、(Low Power Wide Area)
消費電力を抑えて遠距離通信を実現する通信方式のことです。

選択肢い SDNとは、(Software-Defined Networking)
ソフトウェア制御による動的で柔軟なネットワークを作り上げる技術全般のことを意味します。

選択肢う エッジコンピューティングとは
利用端末と物理的に近い場所に処理装置を配置して、ネットワークでデータ処理をする技術のことです。

このうち、LPWAはよく出る単語なので、この機会に覚えてもらえると嬉しいです💡

 

問60:5大装置に紐づく組み合わせ

さて、この問題は5大装置を構成する機器が頭に入っているかを問う問題です。

・キャッシュメモリは、DRAMではなく、SRAM
・主記憶装置はがDRAM。 HHDは補助記憶装置に分類されるので絶対にありえないですね。
・補助記憶装置には、SSD、DVDが該当します。

そのため、選択肢う が正解となります!

キャッシュメモリ、主記憶装置、補助記憶装置の情報を整理したものは
こちらもチェックしてください!

5大装置まとめIPR1A5662

それぞれの言葉の意味がむずかしい!という方は、ハードウェア・5大装置の基礎動画として
こちらの動画も御覧ください!

「ぱそこん」をつくる5大装置.v1 / CPUとは?

「ぱそこん」をつくる5大装置.v2 / 主記憶装置と補助記憶装置

 

問61:内部不正防止の取組み

「組織における内部不正防止ガイドライン」は、IPAが定める内部不正を対策するための指南書です。
詳しく見てみたい方は、こちらからもご覧ください◎

ガイドラインの内容をすべて把握しなくとも、組織運営の正しい取組みについて
理解できていれば正解できる問題です。

 

情報セキュリティポリシのこの三角形が思い浮かべられているとベストです◎

情報

 

問62:PUSHとPOP

動画を元に、こちらの解法をご覧ください。

IPR1A62_図解