ファイルとディレクトリサムネ

-

-

動画解説はこちら!

 

 

先にお話すると、この分野は実際にIT業界でお仕事をする予定のない方(つまり、資格取得のみが目的の方)は、

合格得点に対して理解すべき情報が多すぎる、いわゆるコスパの悪い分野なので飛ばしても大丈夫です。

それ以外の方は、少し大変ですが、付いてきてくださいね🙏!!

 

#URLから読み解くディレクトリ

アメブロURL

突然ですが、上記は私の大学生時代の黒歴史ブログ「chaso'sお天気やさんブログ」の某記事URLです。

(ブログの内容には触れませんw)

 

別記事のURLの命名則では、a までお話しました。
その先の b のエリアは、「ディレクトリ」といって、アメブロサーバーのうち、「どこに個別記事が配置されているか」を示しています。

 

この単元は、URLからみる「ファイルとディレクトリ構造」のお話となります。

 

#ファイルとディレクトリ

上記のアメブロURLからは、アメブロサーバー内が以下の構造で整理されているが分かります。

※URLに特別な処理がされない場合を想定し、純粋に読み解きます。

ディレクトリ_chiyaso

まず、私のブログは「chiyaso」のアカウント名だったため、アカウント名がディレクトリ(ファイル)名となっています。

そして、記事を書くと「entry-xxxxxxxxxxx.html」というファイル名が生成され、そこにテキスト情報が書き込まれます。

 

ちなみに「ルートディレクトリ」とは、上記のような階層構造の一番上を指しています。

 

細かい話は除きますが、アメブロサーバーを例に「ディレクトリとファイル」のURL構成の関係がわかったので
こんどはクライアントサイドについて考えてみましょう💻

PCを実際に使ったことがある方なら、もうお分かりですね!

 

サーバー側もクライアント側も、管理する情報の「階層構造」は、基本的には同じ形なのです。

ディレクトリ_サーバー

 

※上記はMacPCの例を挙げていますが、WindowsPCもほぼ同じ名称で構成されているはずです。

 

#GUIとCUI

GUIキャプチャ_win_mac

 

みなさんがPC上でフォルダにファイルを管理するとき、上記⬆のような画面で操作をした経験はありませんか?

このようにグラフィカルに操作できる画面のことをGUI(Graphical User Interface)といいます。

 

 

この対極がCUI(Character User Interface)です。

実は上記のような「ファイル管理」は、CUIである下記の画面でも操作が可能です。

サーバーサイドやPCのOS周辺等を操作しない限りは、ほぼ触る機会がありません。

CUI_例

CUIは「Character(文字)」から来ており

キーボードでテキスト入力するコマンドによってファイル管理が可能です。

 

では、この画面で具体的にはどんな操作がされているのか?

それを問うのが「ファイルパス指定問題」です。

 

#ファイルパス指定問題 (経路の指定方法)

CUIのファイル操作(=コマンドによるファイルからファイルへの呼び出し)は、ITパスポートでも出題されます。

それが、「ファイルパス問題」です。

 

なぜそんな問題が出題されるのか?

背景は、WEBサーバーに上がっているデータが「ファイルパス」によって繋げられることにあります。

下記のようなWEBサイトがあったとき、
「htmlファイル」「cssファイル」「画像データ」の3要素 で構成されます。

WEBサイトの構成

 

↑仮にWEBサイトデータを「ドメイン.jp」のサーバーにアップするとき

「ほげほげ.html」から、「ほげほげ.css」と2つの「画像データ」が呼び出されるため

一般にサーバー内は下記のようにファイルが配置されます。

ディレクトリ_WEBサイト

 

このとき、htmlからは、下記のようにファイルパス(コマンド)でデータが指定されます。

 

「ほげほげ.html」が「ほげほげ.css」を呼び出す

../ほげほげ.css

 

「ほげほげ.html」が「画像データ:サービスロゴ」を呼び出す

../画像ファイル/サービスロゴ

 

コマンドの指定方法は、基本的に問題文にも掲載がありますが、下記のとおりです。

◆コマンド:ディレクトリ指定のルール

・1階層上のディレクトリは ".." で表す。

・経路上のディレクトリを順に "/" で区切った最後には「ファイル名」を指定する。