ファシリティマネジメント🏙2系統のシステム稼働やバックアップの方法

YouTube動画

ファシリティマネジメント🏙2系統のシステム稼働やバックアップの方法

 

ファシリティマネジメント

システムが安定して稼働できるよう設備 (facility)管理(management)することです。

ファシリティマネジメント

 

システムが稼働する時、情報(データ)はサーバーで管理されます。

人為的脅威技術的脅威から守れても、サーバー自体が災害故障経年劣化など
物理的脅威にさらされると、システムは使えません。

ちょっとしたバグを修正するのとは訳が違いますね🤙

コンティンジェンシープラン

システムの稼働以前に、企業活動を継続するための経営管理の考え方です。

発生するか分からない、システム障害災害など、
想定可能なリスクが、万が一 発生することを考え、対策を立てる”プラン”のことです。

コンティンジェンシープランの事例です。
日々システムを稼働させる中で、準備できることは事前に徹底する計画をつくります。

(例)万が一、停電が起きること想定して、
  自家発電装置や、停電時も利用可能な電源装置 (UPS)を用意したり

(例)システムが経年劣化しても耐えられるように
  システムを二重稼働する、バックアップを取っておく

コンティンジェンシープラン

 

企業活動を継続させる用語(BCM / BCP)

また、コンティンジェンシープランと関連する用語に、BCM / BCP を覚えましょう。

・BCM(Business Continuity Management / 事業継続管理)
 企業活動を継続するための経営管理の手法

・BCP(Business Continuity Plan / 事業継続計画)
 経営を継続させるための経営計画を立てること

BCMとBCP

単語の構成がほぼ同じであるため、主な言葉の使い分けはありません。



有事に備えた2系統のシステム稼働

災害やシステム障害など、有事にもシステム稼働を継続するための手法として
「2系統のシステム稼働」の工夫もみていきましょう💡

デュプレックス システムとデュアルシステム

デュプレックス システム

メインで動作するコンピューターと、故障に備えて待機するコンピューターで構成されるシステムです。

予備のコンピューターを用意することで、災害や故障などが発生しても、システムを切り替えて稼働が継続されます。

1つのコンピューターだけで稼働するシステムは、シンプレックスシステムと言います。

デュアルシステム

2つのコンピューターが同時に処理をおこない、結果を照合して正しさを確認するシステムのことです。

デュアルとは、2系統のという意味です。
2つのコンピューターは精度を担保するために 同じ処理をおこないます。

例えば、
一方のコンピューターが故障して誤った結果を出しても
もう一方が正しい結果を出していれば
結果が一致しないため、異常を検知できます。

結果の正しさを担保するための2台構成であり、処理能力が2倍になるわけではない
ということを知っておきましょう!

バックアップ(Backup)

バックアップとは、通常使用している記憶装置とは別で、データの予備をとっておくことです。

企業が保有する大切なデータを管理する手法です。
故障に備えた予備データを保存するこの方法は、試験に向けて3つの方法を覚えましょう!

フルバックアップ

最もシンプルなバックアップの方法で、常にデータの全量を取得します。

フルバックアップ

すべてのバックアップは、1週間経っても、1ヶ月経っても、
そのときの状態が再現できるよう保持されることが多いため、

フルバックアップをおこなうとデータ容量を大量に消費してしまうことが難点です⚡️

差分バックアップ

一度フルバックアップをおこなったのち、そこからの追加・変更 の差分をバックアップすることです。

差分バックアップ

最初のフルバックアップを起点に、日々の差分を溜めていくため
フルバックアップよりも管理コストが掛からないことが特徴です👀

増分バックアップ

前回のバックアップから、新たに追加・変更された増分のみをバックアップすることです。

増分バックアップ

1日ごとのバックアップ量は、3つのバックアップ方法の中で一番抑えられます。

しかし、データを復元する時に、つなぎ合わせ作業が必要となるため、
管理コストは低いものの、データの復元にやや手間が掛かります⚡️



今日も最後までブログを見てくださり、ありがとうございました!

次のITすきま教室でお会いしましょう👋