ITパスポート試験

-

-

動画解説はこちら!

 

#ITパスポート試験とは

「ITパスポート試験」とは、経済産業省が認定する日本の国家資格です。

情報処理推進機構(IPA)が実施しており、受験には年齢や受験回数など、特定の制限がない、だれでも受験可能な試験です。

「パスポート」とありますが、更新が必要な資格ではないため、1度の合格で保有資格として履歴書などに書くことができます◎

 

#試験の概要

ITパスポートは、下記条件のもと試験がおこなわれます。

受験資格 なし
受験料 5,700円(税込)
受験地域 全国47都道府県の指定会場から、お近くの場所を選択できます。
(▶こちらから確認できます
試験形式 CBT方式
※コンピューター上で4つの選択肢から正解を一つ選ぶ形式です。
試験時間 120分
出題数 100問
実施時期 各試験会場の受験可能日時 (ほぼ毎日!)

試験時間が120分で、出題数は100問なので、1問あたりにかけられる時間は72秒です。

てきぱき回答できるよう、過去問での対策も忘れないようにしましょう💡

 

#受験までの流れ

ITパスポートの受験までの流れです。検索しても注意事項が多く、意外とすぐに申込みしづらい導線なので紹介します!

ITパスポート受験流れ

👉 まずは受験IDの発行からです。受験前の確認事項を把握しましょう。

👉 IDの発行はこのページの下部から、規約に同意すると登録画面が現れます。

このとき、メールアドレスが必要です!

👉 ID発行後、確認メールが届いたら、ログインをしましょう◎

👉 「受験関連メニュー > 受験申込」より、試験の申込みをおこないます。

ここで、試験日時・会場・受験手数料の支払いをおこないます。

┗受験手数料は、クレジットカード/コンビニ支払い/バウチャー(団体受験の代表者用) の3つの方法を選びます。
┗コンビニ支払いは申込日を含めて3日後の23:59までなので、クレカ払いがおすすめです!

👉 支払いが完了すると、受験確認票をダウンロードすることができます。

試験当日に忘れずに持っていきましょう!印刷しなくても、データでokです◎)

 

受験確認票と本人確認書類を当日持っていきます。

試験は、途中退出可能です。

試験終了時間から2~3時間でITパスポートログインして「試験結果の参照」より試験結果レポートをダウンロードすることができます💯

#出題範囲

ITパスポートは3つの分野で構成されています。

「IT」と一言でいっても、出題の切り口は「ビジネスで使う知識」が問われます。

実際にITの現場で働く身からみたとき、ITパスポートで問われる問題には「捨て知識」がありません。まんべんなく・効率よく合格を狙うために、まずは試験を俯瞰してみてみましょう。

ITパスポートの出題分野は、ストラテジ系・マネジメント系・テクノロジ系の3分野で構成されています。

ストラテジ系

ストラテジ(英語:strategy)とは、「戦略」の意味です。

会社組織の活動をはじめとしたシステム戦略や、会計、法務、マーケティングの基本的な知識を押さえましょう。

用語の暗記が中心になるので、実務と照らし合わせながらキーワードを結びつけていくことが暗記の鍵となります🔑

 

 -- こんな問題がでます! --

🚲

 

🚲

 

マネジメント系

 

 

 

テクノロジ系

 

 

 

#勉強方法